腕立て伏せ

07-11,2014

腕立ても、バランスボールに足を乗っけるだけで、全然別物になる。

両足を乗せてもいーが、片脚の方がより効果的。
体幹部のトレーニングにもなる。

ただ腕立てするより効果的。

筋トレは効率的に。

パワー=力×スピード

06-28,2014

パワーとは、
パワー=力×スピード。
最大筋力の30%の負荷が最大パワーが出るとされている。

高い所へのジャンプを繰り返したり、腕立て伏せしながら手を叩いたりする類の反動を使ったトレーニングがパワートレーニング系と言われる。
関節を痛めやすいので、気を付けてやらないといけないトレーニングだけど、使える筋肉を付けるという意味では、非常に有効なトレーニングだと、僕は思う。

よく筋力をつけると、スピードが遅くなると思われているようだけど、そんな事はない。

パワー=力×スピード という事は、パワーをつければスピードは上がる事になり、
逆に、力がなければ、絶対に速くは動かせない。
同じ重さの物体を上げる場合、虚ジャッキーよりもマッチョマンの方が、フン!って速く上げれる。

しかし、ジェンベを叩く場合、叩くのに、重りは、ない^^
ボクサーのように、強く打つ必要も、ない。
だから、単純に、速く叩くテクニックを磨いていけば、十分だろう。

だが!それでは面白くないので、トレーニングもする^^

ジェンベを叩く、腕の回転を速くするトレーニングとしては、
チューブを高速で引くトレーニングが、効果的かも知れない。

理論的にも、経験的にも、軽い負荷をかけて、
ガァーっと速く動かすトレーニングは、パワーをつけるのに有効。キツイけど。

以前、三島ジェンベスクールに行った時、夜にエアージャンベのエクササイズを皆でした。
通称、マヒリの忍者クラス。

皆で90分近く、汗だく。楽しかったな~^^

手の速さは技術だ。

もっと速く、もっと強く。

地道に頑張っていこう。

体幹力

06-26,2014

体幹筋とは、胴回りの筋肉全部の事。
これを鍛えると、体の安定感が増す。軸がしっかりするからだ。

ジェンベはよく、背中で叩けと言われる。
そんなわけねーだろと最初は思ったが、長くやってるとなるほど、納得がいく。

まず単純に、背筋をピンと伸ばすと腕の自由度はぐっと増す。
腕の脱力のコツは、背筋を伸ばす事にある。

ちなみに、鍼治療をする時も同じで鍼も、背筋をビシッと伸ばして打つ^_^

ジェンベの演奏法は、でんでん太鼓のように、中心をガチっと固めて、末端をブンブン振り回す、
いわゆる振り子運動なわけだけど、回転が速くなればなる程、強い体幹の筋力が必要となる。

体幹部が安定していれば、手を振り回しても軸がズレない。

そして、ジェンベを座って叩くときには、骨盤を立てる事も重要。
骨盤を立てると、下半身の力も使えるようになり、軸がしっかりする。

あの凄まじいジェンベフォラの、ハイパフォーマンスの源は、強い体幹力にあると、僕は思う。

各地のジェンベフォラは、皆姿勢が良く、軸がしっかりしている。

そして、背筋のボリュームも半端ない。

さぁ、皆で体幹を鍛えよー!

レッツ体幹トレーニング^_^

レッツGO!ジェンベ!

シクロクロス

06-07,2014

シクロクロスのシフトワイヤー交換したんだけど、切れたワイヤーの頭が、STIレバーの中に落ち込んでどーやっても、取れなくなったの。

でもこれ、ギアを一番低くしてレバー引けば、頭が出てくるんだって。
これ、知らないと、スゲー焦るよ。
結構よくあるっぽい。
素人仕事は、苦労する。

Stay hungry , stay foolish !

06-06,2014

チンニングは、上半身の基本トレーニングの一つ。